Private Fantasticのホームページへ

「美容オイルの作り方」☆簡単

infoimege

紫外線ダメージを修復し紫外線や皮脂の酸化による肌荒れを防ぎ改善する美容オイルです。

紫外線を抑制しながらエイジングケアにも期待でき、くすみケアやニキビ跡のケアにもおすすめなコラーゲン生成に欠かせないビタミンCが豊富な美容オイルです。

UVA紫外線はガラスも通過して部屋の中まで届きます。

そのため気付きにくく、知らない間に浴びてしまっていて、シミやシワ、黒色の原因となっています。

今回使用する美容成分は

ローズヒップオイル

野ばらの果実から抽出したべたつき感の少ないオイルです。

UVカットライスエキス

お米のエキスです。
60℃以上のオイル系のベースに溶かして使います。

MSH(スキンホワイト)

別名フェニルアラニンと呼ばれる必須アミノ酸のスキンケア原料です。
80℃以上のオイル系のベースに溶かして使います。

追記:

ローズヒップティを飲むと相乗効果がアップするかも💡

原料について詳しくは「まとめ」をご覧ください。

それでは早速作ってみましょう!

アレルギーは突然に起こることもありますので、何か異常を感じましたらすぐに使用を中止し、皮膚科などにご相談ください。(※1)

準備するもの(完成量は約10ml位)

  • カップ、計量スプーン
  • 混ぜる棒
  • アルミホイルなど(ボトルに入れやすいように適当な大きさにカットしておく)
  • お湯
  • ローズヒップオイル 10ml
  • UVカットライスエキス 0.1g(配合量0.5%-1%)
  • MSH(スキンホワイト) 0.1g(配合量1%-2%)
  • ビタミンEミックストコフェロール(酸化防止剤) 1滴
  • 今回は容器を用意しませんでした。
  • 材料

作業手順

  1. 湯銭で温めてもいいですが、カップにお湯を入れ、ローズヒップオイルをボトルごと入れて温めます。
    水は100℃で沸点なので、沸騰する直前で火を止め少しさました位の温度がいいと思います。
  2. ローズヒップオイルをボトルごと入れて温める
  3. その間、UVカットライスエキスとMSH(スキンホワイト)
    を計ってアルミホイルに載せておきます。
  4. 原料を計ってアルミホイルに載せる
  5. ローズヒップオイルが温まったら、UVカットライスエキスとMSH(スキンホワイト)を入れてガラス棒や竹串などでかき回して混ぜます。
    私は、オイルの入ったボトルをしっかり閉めたことを確認しゆっくり目に傾けたりして更に溶けるようにしました。
  6. ボトルに原料を入れる 混ぜる
  7. これで完成です。
  8. 完成

使い方は、

洗顔後、いつもの化粧水で肌を整えてから乳液や美容液で肌をスキンケアをしてから、仕上げにスポイトで手のひらに適量を取り、気になる部分からお塗りください。

やさしく、ハンドプレスするのがおすすめです!

・早く使い切らないといけないので、期限(開封後1ヶ月が目安)が近づいたら、オイルパックやオイルマッサージ(蒸しタオル)で消費するのがおすすめです!

他にひじ、かかとや髪の毛(毛先)やネイルケアにも使えます。

注意事項⚠

イネ科アレルギーの方はご使用いただけません。

参考

  • 皮膚の老化によるシミ、シワを防ぐ食べ物
    アボガド(必須アミノ酸ビタミンEが含まれている)
  • 皮膚の水分を補ってシワ、肌荒れを防ぐ食べ物
    キュウリ、トマト(ただし、一緒に食べるとキュウリがトマトの栄養を壊すと言われています)
  • 貧血、便秘、肌荒れに効く食べ物
    しいたけ

日中の使用は不可なので、ナイトケアがおすすめです!

酸化したオイルは、アクネ菌に栄養を与えてしまうのでニキビができてるときは、使用しない方がいいです。

但し、治ってからのニキビ跡には傷の修復にも良いとされていっるので効果が期待できます。

保存について

酸化しやすいので、冷蔵庫に保存します。

残った粉の原料は冷暗所で保存してください。

ローズヒップオイルの保存期間は、開封前6ヵ月、開封後1ヶ月を目安にご使用下さいね。

器具について

器具はご家庭にあるもので結構です!物質的な重量の差は若干ありますが、 ml(ミリリットル)も cc(シーシー)もg(グラム)同じです。

しかし、今回は容量が少ないので、食事用の計量スプーンだと正確に測れないと思います。

参考に1ml以下でも測れる、おすすめの計量スプーンのリンクを貼っておきます。

材料(原料)について

ローズヒップオイル、UVカットライスエキス、MSH(スキンホワイト)、ビタミンEミックストコフェロール(酸化防止剤)はネットで安く購入できます。

今回使用した原料のご紹介です。

楽天市場の「お買い物マラソン」2022年9/24(土)01:59まで!



まとめ & 参考

※1 そもそもなぜアレルギー反応はおこるのか?

☆人は生命活動を営む上で最適な一定に状態に調節する機能(恒常性)があり、
ある抗原に対して抗体を持った人が、再びその抗原に出会うと、強く速やかな抗原抗体反応を起こし、
その結果が生体に防衛的に働くのではなく、有害に作用する。この免疫反応をアレルギーという。

🌼【ローズヒップオイル】

成分であるリノール酸、リノレイン酸を多く含むため、水分保持力を高めてくれる作用があり、傷の修復にも良いとされています。

リノール酸、リノレイン酸は、体内で合成できない脂肪酸であるため、食事から摂取したり、外部から摂取する必要があります。

コラーゲンの生成に必要なビタミンCが多く含まれ、酸化したものを還元する作用があります。

紫外線を浴びたお肌のケア、エイジングケアに美容効果の高いオイルとして知られています。

🌼【UVカットライスエキス】

成分であるフェルラ酸はUV-A紫外線をカットする効果が高く、ダメージを軽減してくれます。

またフェルラ酸は、メラニン生成するチロシナーゼという酵素に対して抑制します。

肌の皮脂腺を健やかに保つことで潤いを守り、乾燥から守ってくれます。

アミノ酸との相性が良く、組み合わせるとエイジング効果がアップします。

🌼【MSH(スキンホワイト)】

別名フェニルアラニンと呼ばれる必須アミノ酸のスキンケア原料で、UVカットライスエキスと相性がいいです。

保水性が高く、特に紫外線ダメージの気になるお肌におすすめの原料です。

エイジングケア用のクリームにもおすすめです。

🌼天然原料なので肌にも安心。

簡単に作れるので、良かったら試してみてくださいね(#^.^#)

いかがでしたでしょうか?

もし、少しでもいいなー、参考になったと思っていただけたら

是非、Twitter(p_fan)等でシェアしていただけると嬉しいです!お願いしている画像



TOP