Private Fantasticのホームページへ

化粧下地これ1本メイクアップベースの作り方

infoimege

毎日のメイクアップの時短ができて、石鹸だけで落とせる

肌の老化の原因は80%が紫外線のダメージと言われています。

日焼け止めを塗ることが、健やかで美しい肌作りに繋がりますが

敏感肌で日焼け止めが合わなかったり、クレンジングでオフするのが面倒だったり、ノンケミカルは白浮きしてしまうなどの悩みがあったりします。

手作りメイクアップベースの良いところ

  • 自分の肌色に合わせて作れる(肌色補正)
  • お出かけ前にサッと塗れる
  • さらっとしていて、伸びは良い
  • 皮脂の分泌をコントロールし、保湿してくれる
  • 天然成分でつくられているから素肌にやさしい
  • 日焼けを防いでくれる(日焼け止め)
  • コスパがいい
  • 火もレンジも使わず、簡単混ぜるだけ!

通常洗顔後に、化粧水→日焼け止め→化粧下地→コントールカラー→クリームファンデーション→パウダーファンデーションの順に塗っていくと思いますが、

洗顔後に、化粧水→手作りメイクアップベース→パウダーファンデーションでOKです!

肌色の悩み別コントールカラーは

  • 赤ら顔→反対色のグリーンまたはイエロー
  • 肌のくすみ・シミ・そばかす・くま→イエロー
  • トーンアップさせたいとき→イエロー
  • 血色が悪い→ピンク

肌色の悩み別ベースカラーは

  • 標準的な肌色→ベージュ
  • 色白→ライトベージュ
  • 色黒→暗めのベージュ

材料の説明は、後半に詳しくまとめていますので参考にして下さい。

それでは早速作ってみましょう!

アレルギーは突然に起こることもありますので、何か異常を感じましたらすぐに使用を中止し、皮膚科などにご相談ください。(※1)

準備するもの(容量30g)

  • 計量スプーン
  • 泡だて器とボール
  • 精製水 30ml
  • 乳化剤 1ml
  • アルガンオイル・未精製・オーガニック 5ml
  • ラズベリーオイル 1ml
  • オークルブレンドカラー 2.5g
  • ヌーディベージュ・パールカラー・マイカ 1g
  • イエロー・マットカラー・酸化鉄 0.4g
  • 酸化チタン油溶性液 3ml(10-20%)
  • 酸化亜鉛油溶性液 3ml(10-20%)
  • シンデレラケアR(ワイルドタイムエキス) 1ml
  • ヘキサンジオール(防腐剤)0.5ml(1.5%)
  • ビタミンEトコフェロール(酸化防止剤)1滴
  • ピペットまたはビニール袋
  • 容器(保存用)
  • 材料1

作業手順

  1. オークルブレンドカラーに、ヌーディベージュ・パールカラー・マイカ
    イエロー・マットカラー・酸化鉄、をプラスしてお好みの色になるまで、袋の中で混ぜます。
  2. カラーmix
  3. ボールに、アルガンオイルとラズベリーオイル、酸化チタン液と酸化亜鉛液を入れて、1をプラスしてよく混ぜます。
    重要!ダマになったり、色ムラになったりしないように、この時点でしっかり混ぜて、なじませます。
  4. オイルmix
  5. 2(カラーとオイルを混ぜたもの)に、精製水と乳化ワックス、ワイルドタイムエキスを加え、泡だて器でクリーム状になるまで混ぜます。
  6. クリーム状
  7. チュウブ容器に移し替えるのは、少し大変です。
    クリーム状なので、注射器を使用するより、ピペットやビニール袋などがおすすめです!
  8. 容器に移し替え
    容器の口よりビニール袋の先端を小さくカットして、しぼって入れます。
    完成です!
  9. 完成です!
  10. 完成です!
    左に塗って、パウダリーしてみました!
    比較写真

作り方はとっても簡単です。ビニール袋ホイップクリームみたいに絞ればわずか数分で移し替えできました💡

クリームケースでもいいですし、お好みの容器をご準備下さいね。

🌼実際に使ってみた個人的な感想ですが、さらっとしていて、伸びは良いです。

濃いシミの所など気になるところだけ、コンシーラを使用してもいいかも💡

この上に、ファンデーションやパウダーを乗せるだけでだいじょうV✌

ミネラルファンデーションパウダーの作り方は、メニューよりご覧いただけます。

メイク落ちは、抜群です!何なら、お湯だけでもかなり落ちます。

代わりになる原料

アルガンオイルの代わりにホホバオイルでもOK

ラズベリーオイルの代わりにひまし油でもOK

ワイルドタイムエキスの代わりにオウゴンエキスでも、ハトムギエキスでもOK

保存について

保存料などを使用してないので、冷蔵庫で保存し、
約2週間で使い切るのが、おすすめです!

追記:防腐剤(ヘキサンジオール)酸化防止剤(ビタミンEトコフェロール)など肌に負担の少ないものを入れた場合は1ヶ月位です。

器具について

器具はご家庭にあるもので結構です!物質的な重量の差は若干ありますが、 ml(ミリリットル)も cc(シーシー)もg(グラム)同じです。

精製水は薬局やネットで、オークルブレンドカラー、ヌーディベージュ・パールカラー・マイカ、イエロー・マットカラー・酸化鉄、酸化チタン液、酸化亜鉛液、アルガンオイル、ラズベリーオイル、
ワイルドタイムエキス、乳化剤、防腐剤、酸化防止剤はネットで安く購入できます。

今回使用した原料のご紹介です。

楽天市場の「お買い物マラソン」2022年9/24(土)01:59まで!



まとめ & 参考

※1 そもそもなぜアレルギー反応はおこるのか?

☆人は生命活動を営む上で最適な一定に状態に調節する機能(恒常性)があり、ある抗原に対して抗体を持った人が、再びその抗原に出会うと、強く速やかな抗原抗体反応を起こし、その結果が生体に防衛的に働くのではなく、有害に作用する。この免疫反応をアレルギーという。

材料の成分は天然

アルガンオイル

ビタミンEを豊富に含むため、乾燥、肌荒れや年齢からくる肌のお悩みに働きかけます。


ラズベリーオイル:

「ビタミンA・E」「オメガ3&6」「ラズベリーセラミド」のおかげ。

肌を紫外線から守り、ベビースキンのようなみずみずしさを保ち紫外線ダメージをリセットします。

それがSPF50ともいわれるラズベリーオイルのUV効果


シンデレラケアR(ワイルドタイムエキス):

肌が生まれ変わる特別な時間帯(眠り始めてからの3時間)をシンデレラタイムと呼びます。

紫外線を浴びてできてしまったメラニンを、表皮細胞まで運ばせないことで しみを作らない、作らせないようにするハーブです。


オークルブレンドカラー:

面倒な調合をせずに使える、ファンデーション用のブレンドカラー(少し暗めの色)


ヌーディベージュ・パールカラー・マイカ:

肌なじみの良いヌーディなベージュ色のマイカです。

ファンデーション、コントロールカラー、チーク、カラーリップ、アイシャドウなどの色づけに使用されています。


イエロー・マットカラー・酸化鉄:

発色の良いマットな黄色の酸化鉄です。

色持ちが良く、ファンデーションやアイシャドー、リップカラー、石鹸の色づけなどに幅広くお使いいただけます。


🌼ダブル洗顔しなくていいから、毎日楽になります。

材料を計って、混ぜるだけなので、簡単にできます。

良かったら試してみてくださいね(#^.^#)

いかがでしたでしょうか?

もし、少しでもいいなー、参考になったと思っていただけたら

是非、Twitter(p_fan)等でシェアしていただけると嬉しいです!お願いしている画像



TOP