Private Fantasticのホームページへ

ワイルドストロベリーローションの作り方

infoimege

超コスパ&時短のワイルドストロベリーローションの作り方

ワイルドストロベリーとは、エゾヘビイチゴとも呼ばれバラ科の一種です。

ビタミンやポリフェノールが豊富に含まれているのでしみ、そばかすにも良いとされています。

また毛穴の気になる方にもフルーツ酸を含んでいるので、ピーリング原料としてもおすすめです。

アルブチンよりコストパフォーマンスも良く、継続しやすい。

軽い日焼けなどの皮膚の炎症に良いハーブです

アラントイン原末は、コンフリーの根と葉から採れる成分です。

お肌のターンオーバーを助け、保湿 乾燥肌 敏感肌 肌荒れが気になる方におすすめです。

それでは早速作ってみましょう!

アレルギーは突然に起こることもありますので、何か異常を感じましたらすぐに使用を中止し、皮膚科などにご相談ください。(※1)

準備するもの(容量100ml)

  • 計量スプーン、計量カップ
  • ボール、泡だて器
  • ストロベリーエキスパウダー 0.5mg
  • アラントイン原末 1mg
  • グリセリン 5ml
  • アルギン酸ナトリウム(お好みでとろみ付け) 1~2mg
  • ヘキサンジオール(防腐剤) 1.5ml
  • 精製水 100ml
  • 容器(今回は、ちょうど100ml入るガラス瓶にしました。煮沸消毒できるので繰り返し使えて衛生的です)
  • 材料

作業手順

    今回の原料は、全て水溶性なので、とても簡単に作れます!
  1. ストロベリーエキスパウダーなどの原末は粉末なので溶けにくいため、
    ガラスの容器にストロベリーエキスパウダー、アラントイン原末、
    ヘキサンジオール、を入れ、精製水は50ml(ガラス瓶の半分位)入れます。 この時出来れば、精製水は冷たくない方が溶けやすいです💡
  2. そうしましたら、しっかりと蓋をして思いっきりシェイクします。
    材料を混ぜる
  3. それをボールに入れてアルギン酸ナトリウム、あれば保湿のためグリセリンを追加し、残りの精製水を少しずつ入れてダマが
    なくなるまで泡だて器でまぜます。
    ダマがなくなるまで混ぜる
  4. 泡(気泡)は自然と消えていくので、落ち着いたら容器に移し替えます。

これで出来上がり!写真では黄色っぽく映っていますが、もう少し淡いピンク色をしています。
とろみを付けない場合は、ボールや泡だて器を洗ったり、容器へ移し替えたりしなくていいので、すごく簡単です!

完成

ストロベリーエキスパウダーの成分が沈殿しますが、気になる方は茶こしやティーパックなどでこしてください。

また、一日冷蔵庫で寝かせておくといい感じに、ダマもキレイに溶けてました。≪待てばいいだけ≫

使い方は、

洗顔後に冷蔵庫で冷やした「ワイルドストロベリーローション」で肌を整えてください。

アーティチョークエキスをプラスすると、更に紫外線対策に効果があります。

ハトムギエキスまたは、ユキノシタエキスをプラスすると、更にターンオーバーに効果があります。

とろみを付けたくない場合は、「アルギン酸ナトリウム」を入れなければOKです。

私が用意した容器は、調味料用のガラス容器なので、とろみを付けないと沢山出てきちゃうから「アルギン酸ナトリウム」を入れています。

そのあと「アスタキサンチン美容液」がおすすめです。
寒くなって空気が乾燥してきたので、お好みでクリームを塗ってもいいかも!

よろしかったら、「毛穴対策にアーティチョークエキス入りジェルの作り方」と
「アスタキサンチン美容液の作り方」も紹介していますので、メニューよりご覧いただけます。

保存について

冷蔵庫で保存してください。

精製水を用いて作った場合は約2週間で使い切ってください。

ヘキサンジオール(防腐剤)を入れた場合は約1ヵ月

器具について

器具はご家庭にあるもので結構です! ml(ミリリットル)も cc(シーシー)もg(グラム)同じです。

しかし、今回は容量が少ないので、食事用の計量スプーンだと正確に測れないと思います。

参考に1ml以下でも測れる、おすすめの計量スプーンのリンクを貼っておきます。

材料(原料)について

ストロベリーエキスパウダー、アラントイン原末、アルギン酸ナトリウム、ヘキサンジオール(防腐剤)はネットで安く購入できます。

今回使用した原料のご紹介です。

楽天市場の「お買い物マラソン」2022年9/24(土)01:59まで!



まとめ & 参考

※1 そもそもなぜアレルギー反応はおこるのか?

☆人は生命活動を営む上で最適な一定に状態に調節する機能(恒常性)があり、
ある抗原に対して抗体を持った人が、再びその抗原に出会うと、強く速やかな抗原抗体反応を起こし、
その結果が生体に防衛的に働くのではなく、有害に作用する。この免疫反応をアレルギーという。

🌼創傷治癒効果

  • 「ワイルドストロベリー」は、
    火傷や皮膚の炎症に古くから用いられてきたハーブです。
  • ビタミンやポリフェノールが豊富
    肌を白くしてくれます。シミ、そばかすにも良いです。

🌼ターンオーバーを助ける作用

  • アラントイン原末は、
    お肌のターンオーバーを助け、肌荒れが気になる方や、保湿効果が期待できます。

🌼とろみ成分

とろみがあると、より肌に定着しやすいと言う利点があります。

アルギン酸ナトリウムは、褐藻類から抽出された天然の増粘剤です。

水に溶かすと透明で滑らかなとろみのある液体になります。
キサンタンガムに比べると、ほぼ無臭なので、私は気に入っています。

洗い流すパックなどにも使われています。

🌼防腐剤

ヘキサンジオール(防腐剤ですが、保湿剤としても使われ、肌刺激が少ないのが特徴です。)

🌼天然原料なので肌にも安心。しかも安い!

🌼「ワイルドストロベリーローション」は火も電気も使わず、材料を計って、混ぜるだけなので、簡単にできます。

良かったら試してみてくださいね(#^.^#)

いかがでしたでしょうか?

もし、少しでもいいなー、参考になったと思っていただけたら

是非、Twitter(p_fan)等でシェアしていただけると嬉しいです!お願いしている画像



TOP