Private Fantasticのホームページへ

洗い流さないトリートメントの作り方

infoimege

洗い流さないトリートメント
(ダメージヘアケア)で乾燥(保湿)対策をしよう!

寒い冬⛄、気温が下がり空気が乾燥します。

乾燥やドライヤーなどの熱から髪を保護する役割もあります。

カラーリングや、パーマ、ドライヤー、ヘアアイロン、エアコンなどのダメージをケアしましょう!

何でも、そう!気づいた時が始め時です✨

  • 髪がパサパサしてきた
  • 髪をとかすと引っかかる
  • うねる
  • まとまらなくなってきた
  • 静電気が気になる
  • ダメージヘアケアは費用がかさむと感じている

天然化粧成分なので、お顔についても安心ですから洗い流さなくてもいいのです。

髪や爪の主成分ケラチンやパンテノール、有効な海藻エキスを配合した「洗い流さないトリートメント」を作ります。

成分について詳しくは「まとめ」をご覧ください。


それでは早速作ってみましょう!

アレルギーは突然に起こることもありますので、何か異常を感じましたらすぐに使用を中止し、皮膚科などにご相談ください。(※1)

準備するもの(完成量は約50g位)

  • ボール
  • 泡だて器
  • 計量カップ、計量スプーン
  • 羊毛ケラチン[水溶性](配合量5%) 2.5ml
  • dl-パンテノール[水溶性]((プロビタミンB5)(配合量0.02%-0.5%) 0.25g
  • ビタミンB3ナイアシンアミド[水溶性]((配合量1%-3%) 0.5g
  • キシリトール[水溶性]((配合量2%-5%) 1.75g
  • グリセリン[水溶性]((配合量5%) 2.5ml
  • ヒバマタエキス[水溶性]((配合量1%-5%) 1.25ml
  • ホホバオイル(配合量10%) 5ml
  • 精製水40ml
  • ヘキサンジオール[水溶性]((1.5%) 0.6ml
  • ビタミンEトコフェロール 1~2滴
  • 乳化剤 適量
  • 今回は75ml入る容器を用意しました。
  • 材料

作業手順

  1. ボールに水溶性の原料を計って入れます。
  2. 原料が入っている画像

  3. 精製水とヘキサンジオールを入れたら泡だて器で混ぜ
    ホホバオイルとビタミンEトコフェロールを入れます。
  4. 画像

  5. 乳化剤入れて、泡だて器でクリーム状になるまでよく混ぜます。
  6. 混ぜた画像

  7. お好みの乳液状になったら容器に移し替えて完成です。
  8. 完成した画像


使い方は、

洗髪後、洗髪後、タオルドライをしてから

傷みやすい、毛先からほんの軽く揉み混んで徐々に頭皮に向かって伸ばしていきましょう!

粗めの櫛(くし)またはブラシでといて全体に行き渡らせます。

そうすることにより、トリートメント効果がより浸透します。

そのあとで、ドライヤーで頭皮から(冬場は風邪をひくといけないので)髪を乾かします。

この時、温風冷風を切り替えながら風量を強にしてドライヤーを当てる時間を短縮する事により、時短にもなりますし、髪へのダメージも軽減できますよ!

ドライヤーの風量を弱に切り替え、毛先からブローします。

使用感

感激しました✨

私の髪はくせ毛で絡まりやすいのですが、髪が引っかからないし、

サラサラなのにしっとり潤います。

私は電気を帯びやすいのか、静電気でピリピリして嫌だったのですが、それもなくなりました!

これからの季節にぴったりです。

保存について

冷暗所(常温)で保存してください。

洗髪の都度使ってくださいね。(#^.^#)

今回余った原料は、パンテノール、ヒバマタエキスは、冷蔵庫保存し、それ以外は冷暗所で保存して下さい。

期限があるので、確認し早めに使いましょう。

保存方法の画像

写真のように、キャップをしっかり閉め、密閉袋に入れてから冷蔵庫で保存すると1ヶ月以上もちますよ💡

器具について

器具はご家庭にあるもので結構です!物質的な重量の差は若干ありますが、 ml(ミリリットル)も cc(シーシー)もg(グラム)同じです。

しかし、今回は容量が少ないので、食事用の計量スプーンだと正確に測れないと思います。

参考に1ml以下でも測れる、おすすめの計量スプーンのリンクを貼っておきます。

材料(原料)について

グリセリン、精製水は薬局やネットでも購入できます。

羊毛ケラチン、パンテノール、ビタミンB3、ヒバマタエキス、キシリトール、ホホバオイル、ヘキサンジオール(安全性が高い抗菌補助剤)、ビタミンEトコフェロール(酸化防止剤)、乳化剤はネットで安く購入できます。

今回使用した原料のご紹介です。

楽天市場の「お買い物マラソン」2022年9/24(土)01:59まで!





まとめ & 参考

※1 そもそもなぜアレルギー反応はおこるのか?

☆人は生命活動を営む上で最適な一定に状態に調節する機能(恒常性)があり、
ある抗原に対して抗体を持った人が、再びその抗原に出会うと、強く速やかな抗原抗体反応を起こし、
その結果が生体に防衛的に働くのではなく、有害に作用する。この免疫反応をアレルギーという。

アレルギー現象のしくみ

アレルゲンが皮膚や粘膜から体内に侵入すると、自ら抗体を産生し、肥満細胞に蓄積されていたヒスタミンが放出される。

細胞膜からの物質を活性化し、炎症を引き起こします。


🌼【羊毛ケラチン(水溶性)】

髪の毛や爪の主成分であるケラチンは、キューティクルの剥離を抑制、保護します。

痛んだ髪や紫外線、パーマ、ヘアーカラーなどで疲れた髪のお手入れに、効果が期待できます。

爪にもよく馴染み、爪の表面が艶が出て、滑らかになります。

🌼【dl-パンテノール(プロビタミンB5)(水溶性)】

浸透力の高い水溶性ビタミンの一種で、化粧品やスキンケア・ヘアケア製品に広く配合されています

サラリとした感触で頭皮・髪にも自然になじみ美しいツヤ、コシのある髪を毛根から育みます。

🌼【ビタミンB3(ナイアシンアミド)(水溶性)】

皮膚組織や髪の毛を作る役割をする栄養素の一つです。

コラーゲンの生成を助ける作用があるといわれ、エイジングケアにおすすめの原料です。

🌼【キシリトール(水溶性)】

果物や野菜に含まれる食品にもよく使われる糖アルコールです。

化粧品では保湿剤として使われ、角層に浸透してケラチンと水の仲介役をすることで保湿効果を発揮します。

保湿効果がアップするため、グリセリンやBGなどの保湿剤との併用がおすすめです。

🌼【ヒバマタエキス(水溶性)】

肌、ヘア、ネイルケアにも有効な海藻のエキスでヒバマタは寒い地域の海に自生する海藻の一種です。

アミノ酸、ヨードなどのミネラル類を豊富に含み、新陳代謝を活発にして、正常なターンオーバーを促進します。

肌の乾燥によるくすみ、たるみ、髪のパサつきなど“実年齢以上に見られる”ダメージを改善に導きます。

🌼【ホホバオイル(ワックスエステル)】

人間の皮脂にもっとも近い成分で安全性が高く、頭皮・毛髪・お肌へよく馴染み、さらっとしてべたつきにつくい天然植物性オイルです。

精製すると安定性が高くなり、くせのない香り、サラサラ軽い使い心地で、敏感肌にも安心してお使いいただけますが未精製の方が栄養価が高いです。

酸化しにくいので長期保存が可能です。

🌼天然原料なので肌にも安心。

🌼簡単に作れてコストパフォーマンスもいいので、試してみてくださいね(#^.^#)

いかがでしたでしょうか?

もし、少しでもいいなー、参考になったと思っていただけたら

是非、Twitter(p_fan)等でシェアしていただけると嬉しいです!お願いしている画像



TOP